ヘッダー画像

古来より使われていたのがパワーストーン

ターコイズ

パワーストーンとされている石の多くが、古来より世界中で、魔除けとして身に付けたり飾ったりといった使われ方をしてきました。

エジプト王家の墓から出土した身分の高い遺体の現金化できる装飾品には、ラピスラズリやターコイズ、マラカイトなどが使われています。

また副葬品としてさまざまな形に加工したガーネットやタイガーアイなども添えられていました。

絶対に選んではいけない間違えたパワーストーンとは

死後の復活が信じられていた文化的背景において、魂が戻るまでのあいだ、遺体を邪悪なものから守る意味があったのではないかと考えられています。

日本では、中国から入ってきた文化の影響を受け、干支や亀、陰陽図などの縁起物を彫刻した種類のパワーストーンも昔から重宝されています。

とくに、これは縄文時代から日本で親しまれてきたオニキスや水晶、黒曜石には魔除けの効果があるとされ、やはり身近なパワーストーンです。

クリスタルクォーツと呼ばれる水晶は、日本でも山梨県などで高品質なものをここでは多く産出していて、これが日本の国石となっているほどです。

研磨したパワーストーンは魔除けの効果が高いです

装着

水晶は、浄化と魔除けの意味があるとされ、ほかの石と組み合わせて身に付けやすいため、アクセサリーの現金化にもかなりの人気があります。

また、キャッツアイ効果といって、丁寧に研磨した石の表面に猫の目の虹彩のように一条の光が現れるタイプのパワーストーンも、かなり魔除けの作用が高いと伝承されています。

たとえば、これはタイガーアイ、クリソベリル、オパール、トルマリン、ムーンストーンなどの種類です。

逆効果となるパワーストーンの組み合わせとは

このタイプの石はタイガーアイを青く染色したホークアイや、人工キャッツアイなどの加工されたものもあります。

なかでも虎目石ともいわれるタイガーアイは、強力なパワーのある石とされます。 邪悪な力を払い除けるだけでなく、これは仕事や金運のお守りとしても用いられています。

タイガーアイは黄色~茶褐色に光るキャッツアイ効果と、なんともいえないほどの重みのある質感がパワーストーンの特徴です。

パワーストーンでターコイズが使われています

アイテム

そして、ネイティブアメリカンのお洒落なアクセサリーに守護石として使われることの多いパワーストーンの種類が、ターコイズやハウライト、ジャスパーなどです。

土着のメキシコ人から彫刻の技術を習得した先住民の部族から、装飾品を作ることがネイティブアメリカンのあいだにゆっくりと広まりました。 そして部族の特徴的な魔除けの意匠がそれぞれ表現されたバングルやネックレス、ピアスなどが作られました。

そうした現金化可能なアクセサリーに、今でも一番よく使われるものです。 これが世間では所謂トルコ石ともいわれるターコイズです。

自分に合ったパワーストーンを見つけましょう

ネイティブアメリカンの文化では、とくにパワーストーンは神聖な石として紀元前からずっと愛されてきて、すぐにこれを身に付けることで災いや危険を知らせ、その危険から守ってくれるとされているためです。

アクセサリーとして24時間身に付けるというと、冠婚葬祭での高価な真珠のネックレスなども魔除けとしての効果を期待したものです。

真珠の純粋で清楚な輝きには、女性の若さや美のお守りとしてだけでなく、邪気を遠ざけて持ち主を守るという言い伝えがあります。

そのため、冠婚葬祭の場で、悪いエネルギーを遠ざけて良いエネルギーを引き寄せるという効果を期待して、真珠を身に付ける習慣が定着したと考えられています。

玄関 タトゥー ローズマリー 唐辛子
HOME